期限について

期限B型肝炎給付金はいつまでも支払われるわけではありません。国としてもめどをつけたいと考えているでしょうし、期限が設けられています。請求期限を過ぎてしまうといくら国の集団予防接種によってB型肝炎に感染したと言っても給付金を支払ってもらうことができませんから注意が必ようです。期限が過ぎてしまうまでにすべての手続きを済ませておく必要がありますから、そのためにも弁護士に相談してスムーズに手続き進めていく必要があるのです。期限が過ぎてしまうともうどうしようもなくなります。

当初は平成29年の1月12日までを請求期限としていたのですが、現在では請求期限も延長されています。平成28年に請求期限を延長する決議が行われ、法律も成立しました。そのため、現在では平成34年1月12日まで給付金請求ができるようになっています。国の集団予防接種によってB型肝炎に感染した方はまだまだ国内にいると言われていますし、感染に気付いていないような方もいます。

そのためこの期限延長は当然のものとして受け止められています。国の集団予防接種によってB型肝炎に感染したという疑いがある方は少しでも早く対処し給付金訴訟の手続きに向けて準備することをおススメします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

手続きについて

弁護士B型肝炎給付金を貰うためには訴訟を起こす必要があることは分かったと思いますが、それまでにいろいろと準備することもあります。まず、感染被害者であることを証明する必要がありますから、そのための書類をそろえなくてはなりません。国が給付金を支払うのはあくまで集団予防接種によってB型肝炎に感染した方だけとなっていますから、それを証明できない限り給付金を受け取ることはできないのです。必要な書類はいろいろとありますが、B型肝炎訴訟に強い弁護士に相談することで書類の不備や漏れがないか事前に確認することが可能です。

書類がすべて揃ったら裁判の手続きを行います。すべて自分で行うことも可能なのですが、基本は弁護士に依頼することになるでしょう。訴状を作成して証拠を裁判所に提出し国家賠償請求訴訟を起こします。先ほど言ったようにすべてを自分で行うことも不可能ではないものの、相当な時間も必要となるでしょうし手間もかかります。

弁護士に依頼して進めていったほうが遥かに効率的ですし、スムーズに進められるでしょう。最初から弁護士に相談し、書類のチェックから訴訟手続きまですべて一任したほうが給付金受け取りまでの時間も短くなります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

訴訟が必要

先ほど国が実施した集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった方には給付金が支払われるというお話をしましたが、そのためには訴訟が必要となります。

B型肝炎の給付金請求を行うためには,国に対して訴訟を提起し,和解を成立させるなどの手続が必要です。

国は過ちを認めて給付金を支給すると言っているのですが、それにも関わらずどうして訴訟を起こす必要があるのでしょうか。恐らく多くの方はそこに疑問を感じていると思いますが、B型肝炎は体液や血液を介して感染しますし、集団予防接種以外にも感染経路はあるのです。そのため、国としては本当に集団予防接種によって感染したかどうかを審議し、その上で給付金を支給しようとしているのです。

給付金B型肝炎に感染しているというだけで給付金が支払われるわけではなく、あくまで国の過失によってB型肝炎に感染してしまった方を対象に給付金が支払われるというわけです。注射針を使いまわしたことで感染者を増やしてしまったのは間違いなく国の責任ですし、その被害者に給付金を支払うのはある意味当然です。

ただ、それ以外の原因で感染してしまった方については対象としていないのです。本当に集団予防接種によってB型肝炎に感染したのかどうかを厳正に審議するため訴訟という手続きが必要になってきます。重要なことですから覚えておいてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎給付金

B型肝炎という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。テレビなどメディアで取り上げられることも多いですし、一度くらい耳にしたことがある方はいるはずです。B型肝炎とは肝臓の病気の一種として知られていますが、これはB型肝炎ウイルスが血液や体液を介することで起こります。感染したときの健康状態などによって一過性で終わることもあれば、生涯に亘って感染が持続する持続感染もあります

集団予防接種国の実施した集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった方もたくさんいますし、メディアでよく言われているB型肝炎訴訟とは過去に集団予防接種で感染してしまった方が起こしている訴訟です。昭和23年から63年までのあいだに行われていた集団予防接種では注射針を交換することなく使いまわしていたことが分かっていますし、それによって多くの方がB型肝炎に感染することになってしまいました。

集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった方には給付金が支払われています。集団予防接種が原因でB型肝炎に感染してしまったことをきちんと証明し、手続きを行うことで給付金を得られるのです。このサイトでは、B型肝炎給付金についてのさまざまな情報を発信しますから、少しでも気になった方はぜひ参考にしてください。どのような流れになるのか、期限はいつまでなのかといったことにも触れたいと考えています。該当する方は特にしっかりと目を通しておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket