手続きについて

弁護士B型肝炎給付金を貰うためには訴訟を起こす必要があることは分かったと思いますが、それまでにいろいろと準備することもあります。まず、感染被害者であることを証明する必要がありますから、そのための書類をそろえなくてはなりません。国が給付金を支払うのはあくまで集団予防接種によってB型肝炎に感染した方だけとなっていますから、それを証明できない限り給付金を受け取ることはできないのです。必要な書類はいろいろとありますが、B型肝炎訴訟に強い弁護士に相談することで書類の不備や漏れがないか事前に確認することが可能です。

書類がすべて揃ったら裁判の手続きを行います。すべて自分で行うことも可能なのですが、基本は弁護士に依頼することになるでしょう。訴状を作成して証拠を裁判所に提出し国家賠償請求訴訟を起こします。先ほど言ったようにすべてを自分で行うことも不可能ではないものの、相当な時間も必要となるでしょうし手間もかかります。

弁護士に依頼して進めていったほうが遥かに効率的ですし、スムーズに進められるでしょう。最初から弁護士に相談し、書類のチェックから訴訟手続きまですべて一任したほうが給付金受け取りまでの時間も短くなります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket