期限について

期限B型肝炎給付金はいつまでも支払われるわけではありません。国としてもめどをつけたいと考えているでしょうし、期限が設けられています。請求期限を過ぎてしまうといくら国の集団予防接種によってB型肝炎に感染したと言っても給付金を支払ってもらうことができませんから注意が必ようです。期限が過ぎてしまうまでにすべての手続きを済ませておく必要がありますから、そのためにも弁護士に相談してスムーズに手続き進めていく必要があるのです。期限が過ぎてしまうともうどうしようもなくなります。

当初は平成29年の1月12日までを請求期限としていたのですが、現在では請求期限も延長されています。平成28年に請求期限を延長する決議が行われ、法律も成立しました。そのため、現在では平成34年1月12日まで給付金請求ができるようになっています。国の集団予防接種によってB型肝炎に感染した方はまだまだ国内にいると言われていますし、感染に気付いていないような方もいます。

そのためこの期限延長は当然のものとして受け止められています。国の集団予防接種によってB型肝炎に感染したという疑いがある方は少しでも早く対処し給付金訴訟の手続きに向けて準備することをおススメします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket